プロペシアジェネリックのAGA改善割合は?

AGA

プロペシアは、飲む育毛剤などと呼ばれている内服薬で、アメリカで開発された抗男性ホルモン剤です。
ヨーロッパで前立腺肥大の治療薬として使用されているノコギリパルメットをモデルとしており、II型5α還元酵素の活性を阻害するという作用を発揮します。
これにより、DHTの生産量が抑制されるので、この物質が発症原因を担っている前立腺肥大やAGA(男性型脱毛症)が改善されることになります。
なお、日本では一年間の臨床試験を実施した後に、2,005年に厚生労働省からAGA治療薬としてのみ認可されています。
ちなみに、臨床試験の結果は、1日1mgの投与により、58%に軽度改善以上、98%に不変以上の効果が確認されています。
このように、それまでの育毛剤とは異なり明確な効果を期待できるということで、2,010年に日本皮膚科学会が作成した男性型脱毛症診療ガイドラインでは、内服療法の第一選択薬として強く推奨できると評価されています。
このプロペシアの国内での特許は、10年が経過した2,015年に切れてしまったので、ジェネリック医薬品が続々と登場しています。
その内で最も早く販売されたファイザーでは、クロスオーバー法による生物学的同等性試験を実施しており、体内に入る有効成分の速さと分量がプロペシアと同レベルであったことを確認しています。
このために、添加物やコーティングには違いがありますが、それらにより主成分の作用は影響されないということで、AGAに対してはプロペシアと同レベルの効果が期待できるということになります。
つまり、1年間での改善割合は少なくとも50%以上ということで、進行しない状態を含めると90%以上の効果を期待できます。